「インプラントの治療期間」
※個人で調べた内容ですので、あくまで参考程度に留めておいてください。また、治療ですので、実際には個人差があります。

短期間治療や即日インプラントなどありますが、比較的短期間でできるインプラントもありますが、一般的なインプラントの治療期間はどのくらいなのかを中心に見ていきましょう。

治療計画を立てたら、治療開始!
人工歯根の埋入から人工歯根と歯槽骨を結合させるためにおよそ約3か月。
その後、アパットメントという支台部を装着し、人工の歯冠を装着していくため、トータルで、だいたい4~8か月くらいかかるのが一般的だといわれています。

ここでは、具体的にどのくらいかかるのか解説していきます。

「インプラント治療の流れ」
※個人で調べた内容ですので、あくまで参考程度に留めておいてください。また、治療ですので、実際には個人差があります。

インプラント治療の流れは、カウンセリング→検査→治療計画の説明に始まり、人工歯根を顎の骨に埋め込む一時手術、人工歯根と顎の骨を結合させるため下顎で3か月、上顎で6か月ほどの経過観察を経て、埋め込んだ人工歯根の頭にアパットメントという部品を取り付ける二次手術へ。
そして、最後にセラミックなどでできた歯冠をかぶせて完成です。

実際の流れはどうなっているのか、詳細に解説していきましょう。

コンテンツ一覧

インプラントの治療期間
一般的なインプラントの治療期間はどのくらいなのかをご紹介します。
 

インプラント治療の流れ
カウンセリング・検査から、一次手術と二次手術を経てインプラント治療が終わるまでの流れを紹介します。
 

このページの先頭へ