1.カウンセリング~検査~治療計画の説明

治療を開始する前に、カウンセリングや様々な検査を行います。
まずは、カウンセリング。医院により異なりますが、だいたいは、患者が何を問題と考えているのか、どんな治療を希望しているのかなどを伝えて、医師からはどんな方法があるのか、それにはどんなメリットがあるのか、デメリットがあるのかを説明してもらいます。

その後、検査を行います。インプラントは顎の骨に人工歯根を埋めるため、歯槽骨の状態がどうなっているのかということを調べるのがとても重要です。歯科用CTによる撮影を行い、顎の骨の厚みや硬さ、動脈の位置などを確認して、正確で安全な施術を目指します。

また、残された歯の状態や歯並び、噛み合わせ、周病や虫歯の有無もなどをチェック。
もし、これらの問題が確認できたら先に治療をしたり、並行して治療をしたりします。

さまざまな検査結果から医師がシミュレーションをして、方針を決定します。

2.一次手術

いよいよ開始です。
手術は通常局部麻酔で行いますが、静脈内鎮静法というより痛みの少ない方法で行う場合もあります。この手術では歯肉を切開して、人工歯根を顎の骨に埋め込み、歯肉を縫合して終了。そのまま自宅に帰れます。その後、痛みが出てくることもありますが処方された鎮痛剤を飲めば治まる程度です。

3.経過観察

1週間くらいで抜歯し、人工歯根と顎の骨を結合させるため下顎で3か月、上顎で6か月ほど経過観察します。

4.二次手術

人工歯根と顎の骨が完全に結合したことが確認できたら、二次手術へ。再び歯肉を切開して、埋め込んだ人工歯根の頭にアパットメントという部品を取り付けます。1時間かからなくらいで終了します。

5.歯冠の取り付け

1週間後に抜歯。仮歯をつけておき、2週間後にセラミックなどでできた歯冠をかぶせます。

最終的に適合状態やかみ合わせの状態を確認して調整し、1週間経過観察をして、特に問題がなければ終了です。

6.定期検診

その後は定期検診でメンテナンスを継続的にしていくことになります。
最初は1月に1回、最終的には3か月から半年に1回の通院を行います。

このページの先頭へ